上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを放棄する気はまったくないのですが、気づくと時間だけが過ぎてなかなか書けずにいます(^^;)

娘は9ヶ月になりました。
ハイハイとつかまりだちとフラフラの伝い歩きで、あちこち動き回ってます。目が離せません!
自我も強くなってきて、気に入らないことがあると駄々っ子になってます。そして、しょっちゅう奇声も上げるので(遊んでるらしい)、まさにミニ怪獣です!!
ミニ怪獣のハハは、ミニ怪獣が昼寝をしているときだけがほっとできる一時です(^^;)

自分の時間らしきものはあまりないので、最近はテレビもほとんど見てないし、本も(漫画も<笑)読んでません。
本が読めないのは悲しいなあ。なんとか、時間を見つけられるといいのだけど。
読んでるものといえば、娘の絵本だけかも。。。世の中のお母さんたちは、いつ本を読んでるのでしょう?

スポンサーサイト
「ラスト・レクチャー」 日本語だと「最後の授業」という本を読みました。
なかなか時間がなくてチョコチョコとしか読めませんでしたが、やっと読み終わりました。

末期がんで余命少ない大学教授の著者が行った、その名の通り「最後の授業」を本にしたものです。

読み終わった感想は、


すごいなー


ということ。

人生をこんな風に生きられたこの人がうらやましい。

私もこんな風に楽しく前向きに人生を生きられたらいいな。

でも、彼はラッキーな人ではなく努力ですべてを手にしてきた人だと思います。
努力と知恵で夢をかなえてきた人。

適当な言い方かどうかわからないけど、この人が若くして癌になりこの「最後の授業」を通して世界中に伝えたことは、きっとこの人に与えられた使命だったんじゃないかしら。
おかげで(でという言い方は適当ではないと思うけど)多くの人が感銘を受け、たくさんのことを学ぶことができたのだから。

私も夢を大事にして生きていきたいな。

copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。