上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ明日、ヨーロッパ旅行に出発します
今回の行き先は、パリ・ウィーン・ブダペストで、期間は10日間♪欧州内の移動は飛行機や電車の予定です。

今回の旅行ののきっかけは、8月の終わりごろストライキに突入したノースウェスト航空が倒産するかも、という噂がアメリカで流れたことです。母がノースのマイレージをかなり持っていたので「倒産するとどうなるから分からないから、早く使ったほうがいいよ」とそそのかしたのが始まりでした(笑)。
このときは一緒にヨーロッパに行くなど全然考えていなかったのですが、母が「アメリカはもう何回も行ってるからヨーロッパに行きたい!」と言い出し、更には「あんたも一緒に行こうよ」と甘いささやきが・・・。ちょうどそのとき「ベルサイユ宮殿が見たい!パリに行きたい!」と思っていたので、即決

いろいろ調べて見ると、母はノースのマイレージを使って中部国際空港から大韓航空でパリに行けることが分かったので、チケットを手配し、私はノースのマイレージは前回の帰国で使い果たしたので、ユナイテッド航空のパリ行き航空券を購入。パリの空港で待ち合わせをすることになりました。

ちなみにその後、ノースウェスト航空は実際に倒産申告しましたが、今でも営業しているし、今のところマイレージの使用方に変化はないようです(笑)。

友人などにヨーロッパに行くという話をすると、財布をすられただとか、レンタカーを盗まれただとか、偽札をつかまされただとか、怖い話をいっぱいしてくれるので(みんないろいろ経験してるのね<笑)、ちょっとドキドキしています
でもせっかくの旅行なので、細心の注意を払って最大限に楽しんでこようと思います

ではでは、行ってまいりまーす
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

キャラがいた場所を、片付けました。
ずっと触ることができずにそのままにしていたのだけど、私はあさってから旅行に出るのに10日間も放っておくのは忍びない気がしたので、これがいい機会だと思ってハムスターグッズを片付けました。

でも、これは正直つらかったです。
モカとキャラが使ったもの、モカが使ったのも、キャラが使ったもの・・・一つ一つにたくさん想い出が詰まっていました。それをきれいに洗って片付けていると、2匹の存在がどんどん想い出になって遠くに行ってしまうような気がして、涙が出てきました。
でも、モカもキャラもずっと私の中で生きてるよ

キャラは最後の2日間くらいを、小さな箱の中で過ごしました。ケージだと広すぎるのがいやみたいで、動かない体を無理やり引きずってトイレまで行って、そこで寝ていたので、急遽、靴箱にティッシュを敷き詰めて小さなケージを作ってあげたら、その中では無理に動くことなくティッシュに包まってスヤスヤと眠っていました。
この箱だけはどうしても片付けることができずに、キャラが逝ったときのまま今でもおいてあります。

それから、ペレットや乾燥野菜などのえさがたくさんあまってしまったので、少しずつ庭のリスさん達にあげることにしました。昨日庭においたら早速リスさんが食べに来てくれ、今朝見たら全部なくなっていました。燕ちゃんリスも食べに来てくれていましたヨ

トイレ用のウッドペレットは大きいのを買ったばかりで、かなりあまってしまっています。
これはどうしようかなぁ。
Aさんのブログに、ジム・ウィルスの「How could you」という犬の物語が取り上げられていました。
飼い主の事情で捨てられて、安楽死させられるワンちゃんの物語です。

私は、この話を以前にも読んだことがありました。約1年前、モカを亡くした後にシェルターのことなどを調べているうちにこのお話に行き当たりました。
そして、キャラを亡くした今、またこのお話を読む機会を得ました。

1年前も今も、読んでいるうちにたくさん涙があふれてきます。ペットは全身で飼い主を信じて愛しているのだと思うと、どうしようもなく涙があふれてきます。
そしてその愛に気づくことができない悲しい人間がたくさんいるのだと思うと、悔しくなります。どうして人間はこんなに残酷になれるのだろうと思います。

一つだけ、Aさんが載せられた翻訳について付けたしをしたいことがあります。
訳ではワンちゃんが連れて行かれる場所は「保健所」となっていますが、英文では「シェルター」となっています。
翻訳をされた方は、日本の事情に合わせて「保健所」と訳されたのだと思いますが、「シェルター」は新しい飼い主を探す目的を持つもので、殺傷処分を目的とする場ではありません。アメリカには「No Kill シェルター」といって、殺傷処分を一切しないシェルターもたくさんあります。
キャラもシェルターからお迎えしました。キャラ以外にもシェルターで素晴らしい飼い主さんに出会う動物がたくさんいます。たくさんの人たちが動物の幸せを願って働いています。
だから、シェルターが「犬や猫達の恐怖と絶望の臭いが漂っている」という記述を見ると、とても悲しくなります。
実際に殺傷処分される動物がたくさんいることも事実なので、何とも言えないのですが・・・それでも日本の保健所とはかなり違うと思うので、読む方に知ってもらえたら、と思います。

1匹でも多くの動物が幸せになれます様に・・・。


昨日、無性にケーキが食べたくなったので、Bakers Squareといういわゆるファミレスのようなところに行きました。
ここはパイが自慢で、とってもアメリカンなパイやらケーキやらが楽しめます

私は新商品もMocha Silk Pie(モカシルクパイ)を頼んで見ました。
Mocha silk pie

ダークチョコレートにエスプレッソのフレーバーだそうです。

感想は・・・「あっま~い!でもおいしい~」といったところでしょうか(笑)。私、甘さの適用範囲はかなり広いのですが、それでもかなり甘かったです。まさに、アメリカンな甘さ(笑)。日本の上品なケーキに慣れた方々には、このケーキを完食するのは無理だと思われます

私はたまにこんな激甘なのも食べたくなります。でも太りそう・・・
冬の足音が刻々と近づいてきている今日この頃です。
そろそろ暖房が必須なのですが、暖房に必要なガスが今年はハリケーンなどの影響でガス代がかなり値上がりすることが予想されています。
去年より、30%から40%くらいの値上がりになるとか

むむむ、これって、大問題。冬場はだたでさえガス代がすごいことになるのに、さらに値上がりでは我が家の家計を直撃します!
ということで、今からいろいろ策を練っているのですが、大体二人しかいない家なのに、家全体を暖めるからガス代がかかるわけです。セントラルヒーティングの温度設定を低めにして、人間がいる部屋だけポイントヒーティングすればガス代が節約できるはず。

そんなわけで今年はオイルヒーターを導入することにしました。キャラの闘病中は保温のためにずっとオイルヒーターをつけていたのですが、中々の威力を発揮してくれました。
でも今ある一つだけでは足りそうにないので、さらにもう一つ購入。オイルヒーターと言えばデロンギ製?と思って、デロンギを買おうと思ったのですが、地元の店には売ってなかったので、アメリカのメーカーのものを購入。
がんばって働いておくれ~<オイルヒーター。我が家の家計は君にかかっているのよ(笑)。
ちなみにアメリカではデロンギはそう高くないです。何で日本だと高いんだろう。

余談ですが、私の住むところはとっても寒い土地です(マイナス30度とかになります)。ので、州の法律でたとえガス代を滞納してもガス会社はガスを止めてはいけないと決められています。極寒の地では暖房がないと即命にかかわりますからね・・・。
それに寒さで水道管が凍って破裂して大変なことにもなったりするので、セントラルヒーティングは必須なのです。

今年のガス代、いくらくらいになるのかある意味楽しみかも(笑)。
以前、もう一つのブログの方で家の庭に黒リスさんがいて、燕ちゃんリスと呼んでいる、と書いたことがあります。
その燕ちゃんリスが、木の幹に逆さになって固まっていたので写真をとって見ました♪

燕ちゃんリス♪

みゃおさんのところの燕ちゃんよりもずいぶん黒いですね(^^;)。

この間、燕ちゃんリスを3匹同時に見ることができました。
2匹は家の庭に巣があるので毎日見かけるのですが、もう1匹は最近姿を見ないので心配していました。どうやら、ご近所さんのどこかに住んでいるようです(^^)。
ちなみに、私は餌付けをしていないのですが、お隣さんが家との境辺りに餌をおいているので、すっかり我が家の庭も行動範囲になっています。

この子達の姿を見るのが楽しみな毎日です
禁断症状が出そうです。
ハムスターに触りたい禁断症状。

いつもお邪魔するブライアンさんのところで、ナポさんをなでなでする写真が載っていました。
あああぁぁぁ~~~!!!
私も触りたいなでなでしたい

キャラをまた抱っこしたいなぁ。クスン。
キャラが旅立って1週間がたちました。
長かったような、あっという間だったような1週間でした。

ちょうど2週間前、キャラを最後の病院に連れて行ったとき、私に与えられた選択は治療をすることと、しないこと、の2種類だと以前にブログに書いたのですが、実はもう一つ、選択肢がありました。

それは、安楽死。

今日はそのことについて書いて見たいと思っています。
これについては賛否両論あると思うけど、私は安楽死を良いか悪いか、と判断するつもりはなくて、ただ私の思ったことを書くつもりです。
それをご理解できる方だけお読みください。

続きを読む »

キャラの闘病中と旅立ちの後は、たくさんたくさん泣いてしまったのでティッシュをいっぱい消費してしまった。

ティッシュを買いに行かなくては
昨日、ものすごく久しぶりに日本の祖母に電話をしました。
小さな頃から離れて暮らしていたので、あまり話すチャンスがなかった祖母なのですが、でも大好きなおばあちゃんです
今までは時々ポストカードを送ったりしているのですが、昨日電話をすることを思い立ち、「思い立ったが吉日」ということで、すぐに電話をしてみました。
おばあちゃん、突然の電話に驚きながらも、とっても喜んでくれました(^^)。

夫も祖母と話したのですが、夫の日本語が上達していてびっくり
普通に日本語で会話してる・・・いつのまにそんなに日本語がしゃべれるようになったのだぁ(笑)。
おばあちゃんも「すごかねぇ」(←長崎弁)と感心してました。

また、折を見て祖母に電話したいです
私は旅行が好き
旅行といってもいろいろあると思うけど、私はいたって「普通」な旅行が好き。
バックパッカーのような旅行にはあまり興味がないし、自分にできるとも思わないけど、かといってパック旅行ではつまらない。なので、自分でいろいろ手配する「個人旅行」が好きなのかな。
できるだけ安く飛行機のチケットを手配して、なるべくお得にホテルも探して、行きたい場所もまずいろいろリサーチをしてから決める、というパターンが多いです。

今は約2週間後に迫ったヨーロッパ旅行にワクワク
飛行機とホテルの手配はもうできているのだけど、それ以外のことはキャラのことがあって、ここのところあまり考えることができなかったので、今から予定をしっかり立てなくては

ちなみに私の旅行のパートナーは母であることが多いです。
この旅行好きは母から譲り受けたもだし、やっぱり家族なので気楽(時には大変だけど<笑)。
母も私は英語ができるのでいい通訳と思ってるみたい(^m^)。
それに母も私も一緒に楽しく旅行できる友達を見つけるのは簡単ではないので、お互いちょうどいいということもあります。お仕事をしている人は中々お休みがとれないし、結婚している人はだんな様をおいていくことは中々できない場合が多いみたいなので。
その点、私も母も仕事は何とかやりくりできるし、だんな様も私達の旅行には寛容なのでいけちゃうのです(笑)。
父と夫に感謝だわ
ディズニーランドに行きたいです。カリフォルニアのディズニーランド。
今年は開園50周年で、いろいろイベントがあるらしいので、ぜひ行きたい
ディズニーランドは良きアメリカがいっぱい詰まっているようで、好きです。
それにねずみ好きだし
ということで、ただいま夫を洗脳中(笑)。夫はフロリダの方に行ったことがないので(私は行ったことあります)、どうせならフロリダがいいと言うのですが、私はやっぱり今は50周年のカリフォルニアに行きたい!
カリフォルニアアドベンチャーのほうにはいったことないし、大体もう何年もここにはいったことがないのでやっぱり行きたいな。

でも今月末のヨーロッパ旅行でもパリのディズニーに行こうかと考えているのだけど(笑)。
どうせなら、世界のディズニーを制覇したいので行こうかと考えています。
でも、香港のができたばかりで、世界制覇は難しそう(^^ゞ

モカが逝ってしまった時もそうだったけど、今までハムスターのお世話をしたり遊んでいたりした夜11時過ぎからの時間に何をしていいのか分からなくなってしまう。
テレビを見たり、本を読んだりして時間をやり過ごしているのだけど・・・。

それから、在宅で仕事をする私は昼間はほとんどひとりで家にいる。そのときに、キャラがいるのといないのでは、全然違う。
あの小さなキャラがとても大きな存在だったのだと、いまさらながら実感。ずいぶん助けてもらっていたんだなあ、癒されていたんだなあ、と思う。

あぁ、ここに何か書こうとすると思い浮かぶのはキャラのことばかり。
ずいぶん気持ちは楽になってきたけど、キャラを想い出にするにはまだまだ時間がかかりそう☆
今日豆腐を作ったのだけど、そのときにキャラを思い出してしまいました。
キャラはお豆腐が大好きで、私が作る豆腐を一番喜んで食べてくれたのがキャラでした。差し出すといつもウマウマしてくれました。

なんだかとても切ない気分になったので、ひとかけらキャラとモカのお墓にお供えしました。
キャラちゃん、今日のお豆腐は柔らかめでおいしくできたんだよ。お友達とみんなで食べてね☆


ちなみに、できたての豆腐、おいしい豆腐は何もかけずに食べても甘みがあっておいしいです。ちょっとだけ塩を振ったり、ごま油をたらしてもおいしいです(^^)。
昨日と一昨日は、ものすごく泣いてしまいました。
一昨日はもうほとんど動くことができなくなったキャラを見てお別れのときが近づいていることが悲しくて、そして昨日はキャラとお別れしたことが悲しくて、たくさん泣きました。

なので、今日は目がはれて大変・・・。
ホットタオルで暖めたり、氷で冷やしたりいろいろしたけど、2日間泣きはらした目はすごいことになってしまいました。
だけど、キャラのために流す涙だから目がはれたって平気☆

でも、やさしいやさしいキャラだから、私が泣いてばかりだと、心配してモカや他のみんなと遊べなくなってしまうかもしれない。
泣きたくなったら、キャラとすごした楽しい日々を思い出すようにしよう。小さな命のきらめきを思い出すようにしよう。
モカもキャラも、きっと私を見守ってくれているよね・・・。
さっき、キャラを埋葬してきました。
裏庭のモカが眠る横にそっと埋葬してきました。
キャラは男の子だけど、なんとなく白とピンクが似合う気がしたのでカスミソウとピンクと白のバラと、それから大好きだったミックスベジタブルなんかのご飯と一緒に埋めました。

キャラの自慢の長毛は最期までとてもきれいで、ひょっとしたらまた動き出すのではないか、と思ってしまいます。でもキャラに触れるとその体は冷たく硬くて・・・。

私はやっぱりとても悲しいけれど、でもキャラは今頃モカに会って、大好きだったコウちゃんにも再開して、たくさんのお友達にも会って、楽しく過ごしているに違いない、と思ったら心が軽くなります。
キャラのことだから、天使になってもおっとりなんだろうな。

闘病中は何度もキャラの様子を見に行っていたから、今でもつい足がキャラのいた部屋に向いてしまう。主のいないケージを見て悲しくなってしまうのだけど・・・。
でもキャラは1ヶ月くらい前からオジジ化して、1週間前から闘病して、そして安らかに逝きました。少しずつ私に「さよなら」のための心の準備をさせてくれました。本当に私思いの子だなあ、といまさらながら思います。

またいつか会える日まで、キャラのことは忘れないよ☆
夕方、帰宅した私と夫のもとにとてもよい知らせが届いていました。
その知らせの手紙を開けた直後にキャラが旅立って行きました・・・キャラがこの知らせを届けてくれたのではないかと思わずにいられません。
キャラはたぶん、夫と私が良い知らせに喜ぶ声を聞くのを待っていたのではないか、そしてもう一度私に抱っこされるのを待ってくれていたのではないか、そんな風に思えて仕方がないのです。
私の勝手な思い込みに過ぎないかもしれないけど・・・。

天使になってしまったキャラ。
今は悲しくて仕方がないけれど、でもキャラがくれた幸せな時間は私の中で輝いています。そして、キャラが教えてくれたこと、ずっと忘れません。
キャラ、会いたいよ・・・。
今日はキャラの調子がよさそうで、少し気分が軽いです。薬が効いてきたのかもしれないし、気温もあがってきたので、キャラにとってすごしやすくなったのかもしれません。
結果論だけど、病院に連れて行って良かったと思います。

それから、心から思うのは、ブログをやっていて良かったなあということ。
私も日々、いろんなハムサイトさんやブログさんを訪れるのが日課になっています。そんな中で、体調のよくないハムさんを見るととても心が痛みます。どうか元気になってほしい、と祈らずにはいられません。
一方で、「もし容態が悪化していたら・・・」と思うと、そのサイトさんを訪れるのが怖くなってしまうこともあります。

きっとキャラのことを心配してくださる方たちも同じような気持ちでいてくださるのではないか、と思います。「もしかして」と不安な気持ちを抱えながら、キャラのことを心配してブログを見に来てくださったり、コメントを残してくださる・・・本当に本当に嬉しいです。

キャラのために祈ってくれたり、私を励ましてくれたり、アドバイスをくれたり、時には泣いてもいいんだよ、とやさしく声をかけてくれたり・・・。
そんなコメントを読ませていただくだけで、「がんばろう」と勇気が出てきます。そして、こんな出会いをくれたたくさんのハムちゃんたちに感謝です。

今の私は「ありがとう」と言う気持ちでいっぱいです。
本当に、ありがとう。
昨日、キャラを連れて行った動物病院について書いておこうと思います。私の体験記は他の皆さんにはあまり参考にならないと思うので、こちらに独り言程度に書きます。

いつもキャラを見てもらう先生は手術が入っているそうで、昨日の午後は診察はしないと言われたので、別の先生にお願いしました。受付の人によると、この先生もハムスターの経験がありますよ、とことなので翌日より待つまでも良いと思いお願いしました。

まず診察室に入るとテクニシャン(動物看護士さん)が先にキャラの容態をチェックします。
体重を量ったり、歩き方をチェックしたり、脱水症状がないかチェックしたりしていました。昨日はこの看護士さんがハムスターに詳しい人で安心しました。診察を受けるときは先生だけじゃなくて、看護士さんも指定できればいいのに・・・なんて、それはいくらなんでも無理かな。

その後、先生が診察室にやってきました。今回の先生は多分院長先生で割りと年のいった人でした。
ハムスターに関する知識もあったし、扱いも下手ではなかったし、私に対する質問にもとても丁寧に答えてくれ、キャラの治療を迷う私に根気よく話をしてくれて、とても良い先生だったと思います。
でも・・・キャラはあまりこの先生が好きではなかったような気がします。私な勝手な思い込みかもしれないけど、いつもの先生のときはキャラはかなりリラックスした様子で、先生の手の中でも寝ちゃいそうな勢いなのですが、今日はちょっと緊張しているように見えました。
体調が悪いせいかもしれないけど、でも飼い主にしか分からないフィーリングってあると思うんです。いつもの先生のほうがよかったなぁ、と思ってしまいました。
でもこれは気持ちの問題であって、今回の先生の治療方法などには納得しています。

昨日の診察費は、
診察代 $67.5
治療代 $26.5
薬代  $12x2=24
に税金がかかって、合計119.68ドルでした。日本円にすると13000円から14000円くらいでしょうか。
決して安い値段ではありません。特に私がいく動物病院は診察費が高いのですが、でも私はここの先生を信頼しているし、設備もしっかり整っているし、距離的にも車で15分程度とキャラへの負担が少なくてすむので、納得してこの値段を払うことにしています。

以前は毎月決まった額を「ハムスター貯金」していたけど、最近は知り合いの方にべピーシッターを頼まれることが多いので、そのときにもらうお礼を「ハムスター貯金」としてとってありました。
別にこの貯金がなくても治療費を払うことには変わりはないけれど、自分の気持ちの問題としてこうやって貯金をすることは悪いことではないと思っています。

今回はキャラを病院に連れて行くべきがずいぶん迷ったけど、結果として連れて行ってよかったと思います。たとえ薬が効かなくても、私にできることはやってあげたい、後悔したくない、と思います。飼い主のエゴに過ぎないかもしれないけど・・・。

あぁ、最初に「独り言程度」とか言っておきながら、ずいぶん長くなってしまいました(^^;)。
急に寒くなってしまいました(>_<)。
昨日まで夏に戻ってしまったように最高気温が20℃後半という日が数日続いていたのだけど、昨日サンダーストームが去ってから一気に気温が下がってしまいました。
今日の最高気温は8℃、最低気温は0℃・・・昨日は最高気温が20℃近くあったのに!

こんな気候なのでキャラの容態が急変したのも仕方のないことなのかもしれません。キャラのいる部屋は暖房をつけてあるし、それほど外の気温には左右されないはずなのですが、それでもたとえ家の中にずっといる動物でも自然と共に生きているということなのでしょう。
週末には気温が少し上がりそうなので、キャラも持ち直してくれるといいのだけど・・・。


私も本格的に冬支度をしなくては!
先週末衣替えをしようと思ったのだけど、その日は夏日のような日であまりにも暑くてやめてしまいました。今朝あまりに寒くて冬物を引っ張り出してきたので、夏物の服を早く片付けなくてはいけません。

それからうちは古い家なので冬は窓を2重窓に変えなくてはいけません(新しい家はオールシーズンウィンドウなんだけど)。じゃないと窓から冷気が入ったり、結露がひどくなり大変なことになります。これも今週末にはしなくては(-_-;)
昨日、セントラルヒーティングシステムの掃除とチェックは業者に頼んでやってもらったので、暖房はいつでもつけられます。

今週末はやることが多そうだなぁ。
昨日の夜は大変でした。
夜7時ごろからいくつものサンダーストームが断続的にやってきて、すごい雨と雷・・・うちの前の道路が冠水しました。
うちの前には雨水が流れていく排水口があるのですが、雨と一緒に流れてきた小枝や葉っぱがつまって水が流れていかなくなってしまったのです。
みるみるうちに太ももくらいまで水がたまり、道路が川状態になったので、意を決して夫と私は大雨の中びしょぬれになりながら排水溝を掃除しました。これでだいぶ水が流れるようになったんだけど、雨の量もすごくて道路はまさに川。
幸い前庭がわりと広いので、道路から家まで距離があるのですが、それでも家の中に浸水しないかドキドキでした。
すると近所のある人が通りの排水口を全部掃除してくれました。ありがと~~~!!!おかげで水がスムーズに流れて、浸水は免れました。といっても、地下には少し水が流れてきてしまったので、後で掃除しなければいけません(T_T)。
今朝になってもまだ雨も雷も続いています。早くやんでくれないかな・・・。

そしてその後はキャラの容態が思わしくなく・・・ほとんど眠れませんでした。
少し眠りたいのだけど、頭の中がグルグルして眠れません。
どうか、どうか、キャラが穏やかな時間がすごせますように・・・。


P.S. ricoさん、昨日の記事へのコメント、ありがとうございました。今は少し疲れているので、お返事は後にさせてください。ごめんなさい。
今月末にヨーロッパ旅行を予定しています。
パリにも行く予定なのですが、フランス全土で交通ストがはじまったのだそうな・・・。

フランスのストライキってどれくらい続くのかしら?
日本だとストライキってあまりないし、あっても長く続かないけど、アメリカでは一度ストライキが始まるとけっこう長い。
私の住む街で去年バスのストライキがあったときは、1ヶ月以上続きました。私は車ばかりでバスには乗らないからたいした影響はなかったけど、バス利用者には大迷惑・・・でも、合意に達するまでとことんストライキをするのがアメリカ流。

フランスはどうなんだろう・・・1ヶ月とか続いたら困るぅ(>_<)。
私は別に家事が好きでも嫌いでもないのですが、どうせやらなければいけないことなら楽しくやったほうがいい!ということで、掃除をするときはMP3プレーヤーで音楽をがんがん聞き、大声で歌を歌いながら掃除をします(笑)。
こうすると歌を歌っている間にいつの間にか掃除が終わったわ、と言う感じがして良いです。
でもこの歌いながら掃除をする姿は誰にも見せられません、聞かせられません・・・。
今日は昼から夫とちょろりとモールに行ってお買い物をしてきました♪
秋から冬にかけてはけるパンツがほしかったので、Banana Republicというお店へ。このお店はGap系列なんだけど、Gapよりも大人なファッションで、そこそこのお値段で買えるので私も夫もお気に入り。男物と女物が同じ店内にあるので、夫と一緒に買いに行けるのも嬉しいところ。
予定通り私はパンツをゲット、夫はシャツを買っていました(^^)v。

このBanana Republic、日本にも進出したんだそうです。8月に東京に行った夫が、「でっかいBanana Republicができてたよ~!」と言っていました(笑)。
ここの洋服は日本人でも着れるデザインが多いので、なかなか良いのではないかと思います。ハワイなんかではここで買い物される日本人をよく見かけたし、わりと知名度もあるのかな?
私はテレビドラマを見るのが好きです。
日本のもアメリカのも大好き。でも今はなかなか日本のは見れないので、アメリカのものを中心に見ています。

先クールからはまっているのが、Desperate House Wivesというドラマ。
日本では「デスパレートな妻たち」というタイトルでBS2で放映が始まったのですね。
アメリカの主婦層に受けている、ということですが、放映時間が日曜夜9時だしゴールデングローブで賞もとってたし、結構いろんな人が見ているのではないかと思います。
まあ、そういう私も主婦なので、まさにターゲット層で、このドラマにどっぷりはまってます(笑)

一見幸せそうな典型的なアメリカの主婦達・・・でも彼女達にはいろんな事情があって・・・
このドラマを見てると「他人の不幸は蜜の味」というか、「家政婦は見た」の市原悦子さんのような気分を味わえて面白いです(笑)。
明日の放映が楽しみ~~!!
昨日、知り合いの方にベビーシッターを頼まれたので行ってきたのですが、そこの子供達がパンダコパンダという映画を見ていました。
私も一緒に見ていると、高畑勲、宮崎駿という名前が・・・こんな映画があったなんて全然知りませんでした。

登場するパンダがトトロを思い出させて、思わず見入ってしまいました。
家に帰って調べてみると、1973年の映画だそう。私も知らないこんな古い映画を子供達が見てるっていうのがすごいなあ(笑)。しかもこちらで買ったDVDだったので、アメリカでも売っているということ・・・私が知らないだけで、メジャーなものなのかしら(^^ゞ
本家のブログのほうがハムスターねたばかりなので、日々のつぶやきはこちらに書くことにします。
気軽にいつでも書きたいので、画像は基本的になし、です。
よろしくお願いします。
copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。