上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、大学時代の友達が遊びに来てくれました。
彼女との再会は3年ぶりくらいかな・・・今は他州に住んでいるのですが、来月 アメリカ生活に終止符を打ち日本に帰国することになったので、その前に会いに来てくれました。

古い友人に会うのって楽しいですね
今までのブランクを埋めるように、ずっとずっと話し続けました(笑)。
彼女とはこちらの大学で知り合ったのですが、よくよく話してみると実家がとても近く、しかも彼女は私の高校の2年先輩だったのです
日本にいればたとえ近くに住んでいても、同じ高校に通っても知り合うことがなかったのに、遠く離れたところで出会ったことに不思議な縁を感じて、大学時代の2年間をルームメートとして同じアパートで暮らしました。そして、彼女は私と夫に出会うきっかけをくれたキューピットでもあります

それから長い年月がたち(私も年とったなあ<笑)、今ではそれぞれ結婚して自分の道を歩んでいるけど、でもあの頃と変わらない自分達もいて すごく楽しかったです。

これからの彼女の新しい人生が、幸せでありますように・・・。
また いつか会えるといいな
スポンサーサイト
昨日は夫の誕生日でした
「家でゆっくり」というリクエストに答えて、お料理を用意しワインも用意して 二人でお祝いしました(って、別にお祝いをするような年でもないけど<笑)。
家ご飯は運転のことを気にせず気兼ねなく飲めるので、私もキライではありません。

が、が、飲みすぎてしまうのですよねぇ
昨日も二人でワインをガンガン飲み、気づけば記憶を喪失・・・。

はっと気づいた時は、夜中の2時・・・ヴィエがケージをガリガリする音で目覚めました。昨日は、練習のためにヴィエをルックルックキャリーに入れていたのです。いつになっても起きない私に業を煮やしたのか(?)、キャリーの中で暴れてました(笑)。

ご、ごめんよぅ。
すぐにいつもの大きいケージに戻して、ご飯を用意して、ヴィエに謝りました。あぁ、反省。

夫も私と同じくらいに記憶を喪失したらしく、結局バースデーケーキまで辿り着けずに誕生日が終わっちゃいました
まだ先のことで 気の早い話なのですが、引越しの時にヴィエの負担をどうやって減らしてあげようかと 気を揉んでいます。
数日間の車移動になるので、できるだけ快適にしてあげたい・・・でもケージごと車に積むのは無理(大きすぎ)。
それに、ホテルやレストランなどにヴィエも連れて行かなければいけないので、かばんに入るコンパクトサイズのケージが必要です。昼間の移動なので ヴィエが寝れるスペースがあれば大丈夫だと思うし・・・。

ということで、ペットショップを物色していたら、なんだかちょうど良いキャリーのようなケージがあるではないですか。
しかもセールをしていて安くなっている・・・これは買いダワ、ということで買ってしまいました。

お引越しの準備でち。

ヴィエたん、これにはいってお引越しするんだよ。
大変だけどがんばろうね。

これ、餌入れと給水ボトルがしっかり固定されているので移動にぴったりです。昼間はこれに寝てもらって、夜はもう少し大きいケージに移せばOKかな、と。

これでヴィエの引越しは大丈夫そう・・・でも 人間の引越しが・・・アパート探したりとか、引越し業者を探したりとか・・・めんどうくさい
冬になってからすっかり運動不足だったので、久々にジムに行ってきました。そして、これまた久々にラケットボールをしました。
ラケットボールは運動量が多いスポーツなので、運動不足解消にもってこいです
楽しくできるし、カロリー消費できるし(笑)、さすがアメリカ生まれのスポーツだなと思います

ラケットボールの後はランニングをしたのですが、死にそうでした(笑)。やっぱり運動不足だぁ。
運動不足解消&ダイエットのために、来週もがんばろうと思います
義理の弟夫婦が私達夫婦にとてもステキな贈り物をしてくれました。
ボヘミアクリスタルのペアのワイングラスとデカンター(私がワイン呑みだということがばれているらしい<笑)。とってもステキです。

ステキなんですけど、いただいた理由が分かりません

誕生日というわけでもないし、別にお祝いしてもらうようなこともないし。本音を言えば、私は義弟夫婦とそれほど仲が良いわけではないので、ちょっぴり不可解な気分
で、本人達に理由を聞いてみると「(義弟が)就職したから 今までのお礼」という分かるよう分からないような理由・・・だいたい、就職したのってもう何ヶ月も前なんだけどな。

ま、くれるというものはありがたく頂戴しますけどね(笑)。
でもやっぱり何か御礼をしなければいけないのかしら・・・悩む~。
いよいよ『24』シーズンVの放映が始まりましたよ~
始まりは今日2時間、明日2時間の合計4時間スペシャルなのですが、2時間があっと言う間!!明日の2時間が待ちきれません

もう5シーズン目なので「そろそろつまらなくなるかな」なんて思っていたのですが、最初の10分で視聴者をぐっとひきつける展開に「なに?なになに?」とすっかりはまってしまいました。
それから、相変わらずジャックは人間じゃありません(笑)。

というわけで、今シーズンも『24』にはまりそうです
今年引越しをする予定の私達、といってもまだ先の話なのですが、それでもそろそろ引っ越し先の新居のことを考え始めなくてはいけません。
行ったこのない土地なので、どの地域が治安が良いのか 住み安いのか といったことから情報収集から開始です。
それから、引越し先はアメリカでも物価の高い地域なので、それが心配・・・。

私の新居の条件は、
1.洗濯機と乾燥機がついていること
(こちらは自分で取り付けは不可なので、部屋にないとコインランドリー使用になってしまうので、これは絶対条件)
2.食洗機がついていること
(皿は洗いたくないっ)
3.ウォークインクローゼットか大きめなクローゼットがあること
(うち、物が多いのよね)
4.ハムスターを飼えること
(ヴィエが住めないところには私も住みません!)

夫の希望は、
1.職場から近いこと
(車のラッシュアワーのひどい地域らしく、通勤が大変らしい)

その他の条件として、
1.駐車場代がかからないこと
(雪は降らない地域なので、屋外屋根なしでOK)

という感じです。
ネットでざっとみると、この条件を満たして1ベッドルーム(いわゆる1LDKです)で大体$1500(17万円ちょっと)くらい・・・たっかーい

なんか、引越しが不安になってきました
昨日の夜、ちょっと不思議なことがありました。
もう寝ようかな と思った頃、ヴィエがケージの中を元気よく走り回っていたので、ちょっとだけお散歩サークルに出してあげました。
もうすっかりハイパーな状態になっていたヴィエは、サークルの中も駆け回って遊んでいたので、私は横に座ってぼーっと眺めていたのですが、せっかくだから写真でも撮ろうかな、と動いたら、その私の動きにびっくりした(?)ヴィエが急に固まってしまったのです・・・。


お~い、ヴィエちゃん?

全然動かないのでびっくりしてヴィエを抱っこしたのですが、それでも動かないのです。
あのビビリっ子のヴィエが抱っこしてもじっとしてるなんて・・・心配になったのですが、でもさっきまで元気に走り回っていたので体調が悪いとも怪我をしたとも考えにくい状況でした。

固まる・・・

こんな風に抱っこをしても固まったまま・・・どうしたの?

心配になったので乾燥キャベツをあげたところ、ポリポリ食べ始めました。ということは、やっぱりどこか悪いわけではなさそうです。

更に固まる・・・

でも、その後も私の手の上でへにゃっとなってます。

そして・・・しばらくしたら私の手の上で寝始めちゃいましたよ
これにはびっくりしました。今までろくに抱っこもさせてくれなかったようなヴィエが私の手の中で寝ちゃうなんて・・・


それで、ちょっとおかしな話なんですけど、キャラが私に会いに来てくれたんじゃないかな、と思いました・・・だって、昨日はキャラの3回目の月命日だったのです。

キャラは私の手が大好きな仔で、最後の最後まで私の手を求めてくれていました。だから、ヴィエの体をちょっとだけ借りて 私の手の中に戻ってきてくれたんじゃないかな・・・なんて。
ほんとにおかしな話なんですけど、そう思えて仕方なくて ヴィエを抱っこしながらポロポロ涙がこぼれてきちゃいました。

ヴィエはしばらく私の手の中で眠った後、ムクリと起きたのでケージに戻しました。
今朝のヴィエはいつものビビリっ子ヴィエでした(笑)。
今日は久々に青空を見ることができました。
冬の間はどんより曇った日が多く、太陽と青い空を見られることは稀なのです。青空を見たのはどれくらいぶりかな?とりあえず、今年初なのは確かです。2週間ぶりくらいの青空かしら・・・。

人間はやっぱり太陽の恵みが必要なのね、と思った今日でした
こちらに住んでいるとついつい干支を忘れがちなのですが、今年は戌年、ワンコの年なのですね。
姉がワンコのカレンダーを送ってくれました

ワンコのカレンダー

週めくりで、日本犬のカレンダーです。

姉が 日本犬のカレンダーを送ってくれたことがすごく嬉しかったです。私達が幼少ころ、「ちびちゃん」という柴犬を飼っていて、私達にはとても特別なワンコなので・・・。
今、実家ではパピヨンの「ベルガ」が両親から溺愛されているのですが、私達にはちびちゃんの方が大事な犬なのですよね。もちろん、ベルガもかわいいけれど・・・。

ちびちゃんは、私が3歳から18歳の時まで一緒に暮らしていました。両親が共働きだったので、私達が寂しくないように と飼い始めた犬です。
ちびちゃんは自分の役目をよく分かっていたのだと思います。いつも私達に沢山の喜びを与えてくれました。3回も赤ちゃんを産んでくれて、命の輝きを私達に教えてくれました。
時と共に私と姉は成長し、まずは姉が大学進学のために家を出ました。たった一人の姉妹と離れて寂しくなった私を慰めてくれたのも、ちびちゃんでした。
そして、私も大学進学のために家を出る日がやってきました。私は高校卒業と共に海外に行ったので、滅多にちびちゃんにあえなくなることをとても寂しく思ったことを覚えています。

それからしばらくして、私は一時帰国をすることになったのですが、ちびちゃんに会えることをとても楽しみにしていました。彼女はきっと昔のように尻尾をふって私を迎えてくれるだろうと・・・。
でも空港に迎えに来てくれた両親から聞かされたのは、「ちびちゃんがいなくなった」ということでした。私が帰る3日前に姿を消したと。
その当時のちびちゃんは、もうかなり年老いていて 目も見えないし、まっすぐ歩けない状態で、とても遠くに行ける状態ではなかったのですが、どういうわけか姿を消したのだそうです。私と姉の思いを知っていた母は、一生懸命ちびちゃんを探してくれたのですが、とうとう見つかりませんでした。
私は空港からの帰り道、泣き続けました。

でも、今思えばちびちゃんは「自分の役目は終わった」と思ったから、旅立って行ったのだと思います。成長した私達はもう自分がいなくても大丈夫、と思ったのでしょうね。
そして、私達が悲しみ過ぎないように そっと姿を消したのではないかと思います。

まだ子供だった私は、とてもよい飼い主だったとは言えませんでした。今ならもっといろいろしてあげられるのに・・・と思わずにいられません。
でも、ちびちゃんは今でもずっと私の心の中にいるし、彼女が教えてくれたことは、私が今愛するハムスター達に引き継がれています。彼女がいなくなって何年たっても、「ありがとう」という思いは消えません。

ちびちゃん、本当にありがとう☆
昨日、友人と新年会と称して飲みに行ってきました。
だんな達はおいて、女同士でゆっくり飲んできました
日本食レストランに行ったので、日本のビールを飲んで 日本酒をたっぷり飲んで 日本語でいっぱい会話して すっごく幸せ~

今年も一年 がんばれそうな気がしました(笑)。
2006年になりましたが、昨日 我が家には2006年のカレンダーが一つもないことに気づきました
最近は 携帯やらPDAやらパソコンやらでカレンダーを見ることが多く、紙のカレンダーはそんなに使わないけど、でもやっぱりないと不便! ということで、自分で作ってみました。

もちろん、モカとキャラのカレンダーです

カレンダー♪

見やすさを重視してかな~りシンプルにしました。
もう一つ保存用にちゃんとしたカレンダーも作ろうと思います♪

大好きなモカとキャラ、想い出はいろんなところで輝いています
こちらもやっと年があけました!
2006年の始まりです・・・どんな年になるでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さてさて、昨日は思わせぶりな記事を書いてしまいましたが、私が年末にした思い切ったこととは・・・そう、ハムスターをお迎えしたのです
(つい先日、「ハムスターのお迎えはいつになるか分からない」と書いたばかりなのにスミマセン<笑)

キャラが旅立ってから3ヶ月近く。
新たな仔をお迎えしたいと、ずっと思っていました。ただ、私達夫婦は今年引越しをする予定でいます。州を越えた引越しで、車で移動すると最低でも3日はかかる距離なのです。それがハムスターの負担になるのではないか、という恐れがあってお迎えはあきらめていました。
でも、ここ数日「なんとかなるのではないか」という思いが芽生えてきて、私なりに一生懸命考えました。

まず引越しは5月という気候の良い時期であること。引越し先はとても気候の良い場所であること。
車の移動はハムスターが寝ている昼間が中心になるので、ケージごと車に積んで、振動が少なくなるように毛布やタオルを敷いてあげれば何とかなるのではないかしら・・・。
こんなふうに、沢山考えました。
夫にも相談したところ、「引越しの時は、負担にならないように最善を尽くしてあげるしかないね。引越しは大変だけど、愛情をいっぱい注いであげれば、迎えるハムスターは喜んでくれるんじゃない」と言ってくれ、「私が欲しいなら」と賛成してくれました。

それから、旅行好きな私。留守の時をどうするか、ということも考えました。
私の一人旅行の時は夫にお世話をお願いして(スマン、夫)、2人で出かけるときはお友達にお願いするか、ペットホテルに預けることで何とかなるのではないか、と思いました。
(去年ほど頻繁に旅行をすることもないと思うし・・・)。

正直言うと、私の「ハムスターと暮らしたい」という思いだけで迎えてしまって、正しい選択だったのか不安です。引越しが終わるまで待つべきだったのでは・・・と思うこともあります。
でも!私がハムスターを愛する気持ちは本当だし、私にある限りの愛情を注いであげる心構えはできています。
私にできる限りのことをしてあげようと思います。

我が家の3代目になるハムスターは、「ヴィエナ」と名づけられました(男の子なので、パリスではありません<笑)。
こちらに記事をアップしたので、良ければ見てやってくださいませ!
今後はヴィエナもよろしくお願いします!
ちょっと前に、夫とこんな会話をしました。

私「こんど、ハムスターの女の子を飼うことになったら、『パリス・ヒルトン』って名づけようと思うんだよね」
夫「 なんで?!」
私「人間だと問題児でいやなヤツだけど(笑)、ハムスターの女の子があんな美しい金髪で、奔放で、セレブだったらいいと思うんだよねぇ
夫「・・・。男の子だったら?」
私「うーん、パリつながりで『ヴィエナ』(ウィーンの英語名)にしようかな」
夫「『ブダペスト』にすれば?」
私「それは絶対にいや

パリス・ヒルトン、彼女の奔放な行き方は嫌いではありません。
でも、周りにいたら絶対にイヤ(笑)。
えっと、日本時間ではもう2006年なのですが、ここはまだ2005年です(笑)。
あと数時間で2006年を迎えるのですが、2005年の最後にワタクシ思い切ったことをしてしまいました。

うふふ。
うふふふふ。
(↑あやしいヤツですみません)

もうちょっと落ち着いたら、ご報告しまーす!
copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。