上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この週末は土・日・月と3連休でした。
それに私の誕生日と結婚記念日が重なったので、たっぷりゆっくりお祝いしました(誕生日に関しては、もう祝う年でもないのですが<笑)。

とりあえず、この辺りの有名どころを観光しよう!ということで、サンフランシスコに行ってまいりました。
ゴールデンゲートブリッジやら、フィッシャーマンズワーフやらを見てまわって、その後はぶらぶらとお買い物。
でも、3連休だからかすっごい人でゆっくり買い物どころではありませんでしたが
まぁ、私達は記念日のプレゼントはしないことにしてるので、ウィンドウショッピングだけで十分だったんですけどネ。

その後は、レストランに入ってサンフランシスコ名物のシーフードを堪能
今はカニのシーズンなので、カニをたくさん食べ、大好きな牡蠣も食べ、ワインもたっぷり飲んで、幸せでした

翌日は、今度は肉が食べたい!ということで 焼肉をしました。
二人でゆっくり飲みたかったので、材料を全部買ってきて家ですることに。今回は予算は気にせずに(ウフ)いろ~んなお肉を買ってきて、しこたま食べました~。
ビール飲んで、日本酒飲んで、あ~幸せ
今まで住んでいたところでは焼肉用のお肉なんて買えなかったので、日本人と韓国人の多いカリフォルニア万歳!というところです(笑)。
久しぶりに食べた焼肉はとってもおいしかったです♪

3日目は・・・さすがに食べ過ぎ飲み過ぎで胃が疲れていたので、シンプルにイカと水菜でパスタを作って食べました。
これまた、水菜は前に住んでいたところでは買えなかったので、久々に食べたシャキっとした歯ごたえに幸せを感じました。

おいしい物を食べられるのって幸せ

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ここに越してきて2週間以上がたち、部屋の中も片付いて 生活も落ち着いてきました。
そうなると、そろそろ友達がほしいなぁと思う時期です(笑)。

外で仕事しているわけではない私、人とであう機会がないのですよねぇ。
子供もいないからそのつながりもないし。
元々引きこもり体質なので、家の中にいることや 一人でいることはそう苦でもないのですが、せっかくの新しい土地なので「あそこで買い物したい!」「あそこでランチしたい!」と思うこともあるわけです。
そんなときに一緒にいける友達がいないのはちと寂しい(笑)。

さてさて、どうしましょう

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

To the Memory of Vienna

ブルージュ観光を終えた私達は、ブリュッセルに再び列車で向かいました。
ブリュッセルはベルギーの首都で、EUやNATOの本部があるところなのでヨーロッパの中心と言えると思います。
私達になじみが深いのは「小便小僧」や作家ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と称した「グラン・プラス」でしょうか。

そして、やっぱりチョコレートの街!
チョコレート@コルネ

これはコルネ「Corne」の美しいチョコレート達です。

たくさんチョコレート屋さんがあったのですが、ベルギーではそんなにチョコレートを食べるのでしょうか・・・それとも観光客用?
私がおいしいと思ったのはノイハウス「Neuhaus」のチョコ。
そういえば、ノイハウスが日本から撤退したって本当ですか???
逆にイマイチ、と思ったのがゴディバ「Godiva」。
アメリカ資本のゴディバ、アメリカにもたくさんお店があり、アメリカで食べると「おいしい♪」と思うけど、本場ではイマイチでした(笑)。
(ちなみにアメリカでは「ゴダイバ」と発音されます。本場ベルギーではなんて発音するんだろう~)

ちょっと話がそれましたが、ブリュッセルと言う街は私にはちょっぴりがっかりした街でした
ゴチャゴチャとした街で、あまりキレイではないのですよねぇ。グラン・プラスもブルージュのマルクト広場の方がきれいじゃない?というくらいだったし(^^;)。
それに何より人が多すぎて、何がなんだか分からないし(笑)。
良くも悪くも「都会だな~」と思わせてくれるところでした。

次回はブラン・プラスについて書こうと思います!

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

『24』シーズンV 昨日が最終回でした。
2時間スペシャルだったのですが、バタバタ忙しくて最初の方を見逃してしまった(^^;)。
けど、話を理解する上では特に支障はありませんでした。ジャックが勝つのは見る前から分かってますからね(笑)。

以下、ちょっとだけネタバレありです。
見たくない方はご遠慮くださいね。

続きを読む »

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

To the Memory of Vienna

引越しのゴタゴタで休止していたヨーロッパ旅行記ですが、(記憶が薄れないうちに<笑)再開します!
今回はブルージュのホテルで泊まったホテルについてちょっと書いて見たいと思います。

泊まったのはブルージュの中心であるマルクト広場からほど遠くない運河沿いに建つ「チュイルリーエン」というホテルです。
15世紀の邸宅を改造したホテルで、大きくはありませんがとってもエレガントで豪華なホテルで、ブルージュに行くなら絶対にここに泊まる!と決めていたホテルでした。

建物自体もアンティークですが、ホテルの中全体にアンティーク調の家具などが置かれ、とっても豪華な気分になれます
お部屋の中もアンティーク調で貴族の邸宅にお呼ばれしたような気分でした(笑)。

チュイルリーエン

ベッド。ゆったり寝心地の良いベッドでした。
夕方にはターンダウンサービスもあり、チョコレートを置いていってくれます。
このチョコレートが美味でした~!

チュイルリーエン

大きな窓。
この窓と高い天井がヨーロッパのお屋敷を雰囲気を醸し出していました(笑)。
この窓から運河が見えて、カッポカッポと馬車(観光馬車だけど)が通る音が聞こえて、タイムトリップした気分を味あわせてくれました

また、このホテルの朝食が素晴らしかったです。
ステキな雰囲気のレストランで、パンもチーズもクレープも果物もケーキも、何でもおいしくて感動!
サーブしてくれるウェイトレスさんがメイド服を着ていて、まさに「貴族」な気分を味合わせてくれました(笑)。

ホテルのスタッフも親切で本物のホスピタリティを実感させてくれたこのホテル、ぜひぜひまた泊まりたいです!
あぁ、またブルージュに行きたい・・・(笑)。

次回はブリュッセル編に突入です!

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

昨日公開された「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました!
公開前から賛否両論いろいろありましたが、私は原作もかなりのめりこんで読んでいたので、映画も楽しめました(^^)。

ただ、原作を読んでいないと映画をすべて理解するのは難しいかもしれません。
本を読んでない夫は途中で話が分からなくて「???」となっていました(笑)。
私ももう一度本を読んでおさらいしたいな~と思いました。
2時間半と長い映画だったのですが、原作をはしょっている部分もかなり。
今から「DVDでノーカットの完全版が出ないかしら?」と思ってしまうくらいです。

あらすじはすでに知っていたので特にびっくりすることはなかったのですが、聖杯をめぐって現在と過去がリンクする場面の映像効果が良かったです。
それから、やっぱり作中に登場する教会やダ・ヴィンチの絵を実際に見られたのは映画ならではちょっぴり感動
それから最後にラングドンがマグダラのマリアが眠る場所に辿り着き、祈る場面ではゾクゾクっと感動しました~。

じっくりと噛み締めて理解するために、もう1回みたいな~と思う映画でした。

テーマ : ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル : 映画

引っ越してきてから毎日に毎日、あっという間に時間が過ぎてしまいます(^^;)。
部屋の中はまだまだダンボールがいっぱいですが、何とか生活はできています。

今住んでいるところは、カリフォルニアのいわゆる「シリコンバレー」といわれるところで、サンフランシスコの近くです。
ここは日本人を含むアジア人がとても多いところで、今まで比較的日本人の少ない街に住んでいた私は、そのギャップにとにかくびっくり。
家の近所にラーメン屋さんはあるし、鮨屋さんもあるし、日系スーパーもあるし、普通のアメリカのスーパーでも日本のビールや日本酒が買えちゃうし(笑)。
なんだか自分がアメリカにいるのを忘れてしまいそうですよ(^^;)。
でも嬉しくなって、早速日本のビールと日本酒で晩酌しちゃってます(ちょっと高いけど、最初は特別です)笑。

こんな感じの毎日なのですが、ゆっくりパソコンを使う時間がなくて、いつもお世話になっているHPやブログ様のところにお邪魔できないでいます。
でも私のストレス発散のためにも(笑)、これから少しずつお邪魔させてもらいます♪
4日間のドライブを経て、おととい無事に引越し先に到着しました~
荷造り、元の家の片付け、ドライブ、荷卸しと、過去1週間怒涛の日々でひじょーーーーに疲れてます
新居のほうはまだぜんぜん片付いていなくて、今は知り合いの方の家に泊めてもらってる状態で大変なのはまだまだ続きそう・・・

新しい土地での生活は楽しみだけど、やっぱり大変!
やることはいっぱいあるし、どこに行くにも道に迷うし(笑)。

あ~、早く落ち着きたいです!!!!!
引っ越します!
アメリカの真ん中辺りから西海岸まで、長距離引越しです。
自分達で荷物を積んだトラックを運転して行くので、4日くらいかけてのんびり行く予定

ヨーロッパの旅行記がまだ途中なのですが、引越しが終わり新居でネット環境が整うまで中断します
ではでは、いってきまーす!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

To the Memory of Vienna

ベルギーには約800種類のビールがあるそうです・・・なんて楽しい国なのかしら(笑)。
そんなわけで、ブルージュでもビールを飲みました!!

これはユーロスターの中で飲んだビール。
ビール!

Duvelはけっこうポピュラーで、いろんなところで見ました。
飲みやすくてたくさん飲めちゃいそうなビールでした

次はブルージュで作られた(と思われる)ビール。
ビール!

左側が黒ビール、右側が日本で飲むようなラガービール。
黒ビールってこういうグラスに入れて飲むんだ!とちょっぴりカルチャーショックを味わいました。
味は・・・おいしかったのは覚えていますが、詳しい味は忘れちゃいました

次もブルージュのビール・・・かな?
ビール!

左側はビール瓶とグラスの絵からしてブルージュのものだと思います。確か、あっさり飲みやすかったような・・・。
右側は、ブルーベリー(?)のフレーバーがついたビールでした。こんなビールは初めて飲んだのですが、ビールというよりはカクテルを飲んでいる気分でした
甘いけど、私はけっこう気にいりました~♪

最後はおもしろビール。
ビール!

砂時計見たいなグラスに入れて飲むビールでした
レストランの店員さんに、「他では飲めないビールを」とお願いしたらこれを持ってきてくれたのですが、こんな安定の悪いグラスに入れる理由はなんなんでしょう(笑)。
味はラガービールだったと思うのですが、グラスの印象が強すぎて覚えてないです。たはは。

次回は、ブルージュで滞在したホテルをちょっぴりご紹介!

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

To the Memory of Vienna

「ベルギーはご飯がおいしい」とガイドブックで読んだので、ご飯を楽しみにしていました♪
有名なのはムール貝の白ワイン蒸し、ということだったので ブルージュについて早速食べました

ムール貝

セロリとニンニクと何かの香草と白ワインで蒸してあったのですが、美味でございました~。どっさりすごい量で出てくるのですが、あっという間に食べちゃいました(笑)。
とっても気にいったので、ブルージュ滞在中 2日連続でムール貝を食べてしまった私です
ちなみにムール貝は必ずフライドポテトとセットになって出てきました。なぜ???

舌平目?

こちらは舌平目(?)の香草焼きのようなものでした。
これもおいしかった~~!!!
やっぱり食事はイギリスよりも断然おいしかったです(笑)。

そして、ベルギーと言えばワッフル!ということで、ふらりとカフェに入って注文して見ました♪
ベルギーワッフルwithクリーム

ワッフルに砂糖と生クリームがのったもの。

ベルギーワッフルwithアイスクリーム

こちらは砂糖とアイスクリーム。
このワッフル、とっっってもおいしかったです
外はかりっと香ばしいのですが、中はふんわり柔らかくて こんなにおいしいワッフルはうまれて初めて食べました~!
トッピングは、シンプルに生クリームの方がおいしかったかな。
ああ~、またまた思い出すだけで食べたくなってきました

次回はブルージュのビールをご紹介♪

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

To the Memory of Vienna

決して大きくはないブルージュの街ですが、その中にもたくさんの教会がありました。
もっとも有名(=観光客がたくさん訪れる)なのが聖母マリア教会だと思います。
聖母マリア教会

13世紀~15世紀に建てられたものだそうな。
この教会がなぜ有名なのかというと・・・
聖母子像byミケランジェロ

このミケランジェロの「聖母子像」があるからだと思います。
この教会はその名の通り 聖母マリアを祀った教会ですが、このマリアがキリストを抱いた彫刻はとても美しく、荘厳が教会の中でもひときわ美しいものでした

ブルージュは、教会や古い建物などの見所もたくさんあるのですが、ただ街の中を歩くだけでも楽しい場所でした♪

こんな運河と古い建物の中を歩くだけで楽しいです
街並み


ベルギーといえばチョコレートが有名ですが、ブルージュにもたくさんのチョコレート屋さんがありました
チョコレート♪

どのお店もショーウィンドウがかわいくて、見ているだけでも楽しい♪
時期的にイースターの前だったので、ウサギや卵のチョコレートがたくさんディスプレイされていました。
いくつかの店に入って、ちょっとづつ買って食べて見ましたが 店によって味が違って面白かったです。有名店がおいしいとは限らず、個人で経営しているような小さなお店のチョコレートがおいしかったりしました。
あ~、思いだすと また食べたくなります(笑)。

そのほかにも、レースやゴブラン織りなどの名産品を売ったお土産屋さんもたくさんあって、見ているだけでも本当に楽しかったです。
でもいろんなお店に入りながらフラフラ散策するという楽しみ方は、母と一緒だから楽しめたことかな~と思います。これが夫と一緒だったら、買い物には付き合ってくれなさそう・・・

次回はブルージュの食べ物です♪

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。