FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
To the Memory of Vienna

前回はとっても高級なアフタヌーンティーでしたが、今回はもうちょっとお手軽に食べられるイギリスのスイーツをご紹介
ロンドン郊外のニューエンズ(Newens)というティーハウスにある「メイズ・オブ・オナー(Maids of Honour)」というお菓子です。

Maids of Honour

左の手前にあるのがそうなのですが、このティーハウスの名物お菓子なのだそうです。
なんでも、約500年前にヘンリー8世の2番目の妻アン・ブーリンと彼女の女官たち(メイズ・オブ・オナー)が好んで食べていたお菓子に由来するそうです。ヘンリー8世もとても気にいり、レシピをリッチモンド宮殿の中で鉄の箱にしまい、女官を幽閉したという伝説が残っているそう・・・。
今でもこのレシピは門外不出で、ニューエンズのオーナーだけがこのレシピに忠実に作ることができるそうです。

他にもいろいろなスイーツが売っているのですが、「メイズ・オブ・オナー」だけはサインがあってひときわ目だっていました(笑)。
Maids of Honour


さてさてお味はというと・・・すっごくおいしい
パイ生地に卵をたくさん使ったようなクリームを入れて焼いてある感じなのですが、ほどよい甘さで クリームが口の中でとろけるようで美味でした♪
他にスコーンも頼んだのですが、これもおいしかったです。やっぱりクロテッドクリームがおいしかった!!

私達はお昼時に行ったのですが、ランチもできるようで地元の人たちでいっぱいでした。また、午後にはアフタヌーンティーもあり、これは私達が食べたのとは違ってお手軽な値段でした(笑)。
高級なアフタヌーンティーも(一生に一度くらいは)いいけれど、こんな地元の人があふれるお店でのアフタヌーンティーもステキそうです

次回はウェストエンドでミュージカル編です♪
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

おお!本場のスコーンだ!
少し前までやたらとスコーンに嵌っていて週一くらいのペースで作ってたんですよ~。
クリームの入ったパイも美味しそう♪
それにしてもアフタヌーンティ(おやつ感覚なものですよね??)で2人で1万円はスゴイ!!
ほんとにいちいち物価が高いとこなんですねぇ。>ロンドン
ブルーベリーのケーキの外側はホワイトチョコなんですね。
なんだろう?と思ってしまいました。
なんかカラー(花)みたい。笑
やっぱりクロテッドクリームも本場のは違うんですかねぇ。
2006/04/20 11:15 |maki #TNX8eFSQURL[ 編集 ]

>makiさん、
わお!makiさん、スコーンを手作りするんですか?!
すごい、すごーーーい!!
本場のスコーンよりおいしそうですv-10

クロテッドクリームは、日本で食べたことがないので分からないんですけど 本場のはクリーミーでおいしかったですよ~♪
スコーンにとてもあっていました。

でも、アフタヌーンティー 高すぎですよね(^^;)
かなりお腹いっぱいになるので、甘党の人はご飯代わりになると思いますが・・・それでもやっぱり高いです!!!
2006/04/21 20:59 |あいか #-URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。