上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
To the Memory of Vienna

3月のヨーロッパ旅行記、いよいよ(というより、やっと<笑)最後の都市です。
ブリュッセルから日帰りでアントワープへ行ってきました。

アントワープは「フランダースの犬」の舞台となった街であり、ネロ少年が最後にルーベンスの絵をみて感動しながら息を引き取ったノートルダム大聖堂がある地です。
以前からこの大聖堂を訪れてみたいと思っていたので、せっかくベルギーに行ったのだから アントワープにも足を伸ばすことにしました。

アントワープの駅。
アントワープ駅

ブリュッセルから電車で1時間弱のところにあります。
終着駅で、とっても立派な駅が出迎えてくれます。

アントワープの市庁舎。
市庁舎

ここもブルージュやブリュッセル同様、歴史を感じさせてくれる建物でした。
フルン広場にあり、アントワープの中心地です。
たくさんの観光客がいました。

市庁舎前にあるブラボーの像。
ブラボーの像

ブラボーさんは古代ローマの兵士だそうです。
ブラボーさんが巨人の手(Ant)を切り取って投げた(Warpen)という伝説がアントワープ(Antwerpen)の街の名の由来だそうです。

またアントワープは「ダイヤモンドの都」としても知られています。
元々はブルージュでダイヤモンドの研磨技術などが発達したそうですが、ブルージュ衰退後はこのアントワープがダイヤモンド取引の中心となったそうです。南アフリカからのダイヤモンドの原石がここに運ばれるそうです。
そんなわけで、アントワープの駅の周りにはたくさんの宝石店があります。私達も冷やかし半分、何かいいのがあったら買ってもいいかな~と 買う気半分で 何軒がのぞていみたのですが、「観光客に高い値段で売ってやる~」という雰囲気がそこかしこに漂っていて とてもじゃないけど買えませんでした
ダイヤモンドの知識を持っていればいいのかもしれないけど、私達は質を見極める目なんて持ってないので 実際にダイヤを見ても分からないし、お店の人もイマイチ信用できないし・・・(日本人だからと明らかに高い値段ふっかけられたりしました)。
宝石は一生持てるものだからこそ、多少高くても信用のおける店で買いたいものだと実感しちゃいました

次回はノートルダム大聖堂をご紹介します♪
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

ブラボー

ああ、美しい写真の数々v-353
ブラボーの像って、なんだか違う「ブラボー」を想像してしまいましたv-388
なんだか妙にはじけちゃってるおぢさんの(ちょびヒゲ付)像みたいな、、スミマセン(笑)。

宝石は一生モノですから、安心も一緒に手に入れたいですよね~。
わたしもそろそろ、ずっと使っていけるアクセサリーを身につけたいなぁと考えています。
2006/06/17 05:38 |みゃお #-URL[ 編集 ]

>みゃおさん

ブラボー、私も「違う」ブラボーを想像しちゃいましたよ。
みゃおさんと同じように、はじけた人(ちょびヒゲは思いつきませんでしたけど<笑)を思い浮かべました。
ブラボーという名はいけませんよね(笑)。

そうそう、宝石は一生ものですよねぇ。
特にダイヤモンドなんて子孫代々受け継いでもらっても良いものなんですから、やっぱりいい物+安心を買いたいな~と思いました。
ずっと使っていけるアクセサリー、私も欲しいなぁと思います。
2006/06/18 18:32 |あいか #-URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アントワープについて

アントワープハウス群アントワープ(英語: ''Antwerp'', オランダ語: ''Antwerpen'', フランス語: ''Anvers'') はベルギーの都市、フランドル地方アントワープ県の県都。2004年1月1日の総人口は 455,148 人(男性 222,395人、 女性 232,753
世界の都市調査! 2007/03/03 08:49
copyright © ほんとにアメリカからのつぶやき。 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。